カーテンの種類

勘違いしてた人続出?!180℃考えが変わるカーテンの種類と選び方

 

 

Welcome to nanoteria

 

御覧いただきありがとうございます。

カーテンを買おうとしている人に、カーテンを選ぶ前にぜひ見てほしい内容満載です。

 

知らない人ほんとに多いんだから!

 

この記事でわかること

・カーテンの種類
・素材の良いカーテンとは
・カーテンを選ぶときに見るポイント
・カーテンの「おしゃれ」とは

 

カーテンを選ぶとき、何を重視して選ぶ?
遮光性洗えるかどうか、金額…など、選ぶ基準は人それぞれですが、みなさんのカーテンについて知っている知識、実は間違っていることが多いんです。

 

私も勘違いしてた…

 

ぜひカーテン選びの参考にしてくださいね!

 

Advertisement

カーテンの「種類」

カーテン 種類

 

一般的にご家庭でよく使用されている素材のカーテンが合成繊維です。

 

合成繊維???」と、頭に「?」が浮かぶ方も多いと思います。

 

合成繊維の主な種類・ポリエステル
・アクリル
・ナイロン など

 

この中でも最もよく耳にしたことがあるのがポリエステルだと思います。

 

実際にボイルカーテンレースカーテンでは99%、このポリエステルが使用されています。

 

POINT

そしてポリエステルとは反対に、カーテンで最も扱いにくいとされている種類をご存知ですか?

 

天然素材が使用されているカーテンです。

 

よく耳にしたことがあるものとしてリネンカーテンがあると思います。

 

実はリネンにはポリエステルに勝るポイントがあるんです!

 

今回はカーテンで最も使用されているポリエステルと、カーテンで扱いにくいと勘違いされているリネンで比較しながら、カーテンの種類カーテンの選び方などを見ていきたいと思います。

 

カーテンの種類「ポリエステル」

カーテン 種類

 

ポリエステルがなぜカーテンに1番使用される種類なのか…

簡単にご説明しますね。

 

ポリエステルの特徴・強さ、伸びやすさ、しなやかさに優れている
・シワになりにくい
・紫外線・熱に強い
・プリーツが付けやすく崩れにくい
・紡糸がしやすい、耐久性に優れる
・水にも強く、濡れてもすぐに乾く
・性質低コストで生産性に優れている
・帯電性があり静電気を溜めやすい

 

上記の特徴を見ると、「ポリエステルのカーテンを選んだ方が良いじゃん!」と思う方もいらっしゃるかと…

 

でもちょっとストップ!

 

上記の特徴で唯一マイナスな特徴がポリエステルにはあります。

 

帯電性があり静電気を溜めやすい

 

ここが注目ポイント!

 

「帯電性があり静電気を溜めやすい」は、埃を吸い寄せて汚れをどんどん吸着させます

 

お家のカーテンの裾が汚れてきたな…と思う方、それはこの特徴が原因なんです。

 

そんなカーテンの裾の汚れが気になっている方が次に買おうと思うカーテンが洗えるカーテンです。

 

ここも間違い。

 

洗えたら裾の汚れも気にならないよね…という方へ

お家にあるすべてのカーテンを洗うって簡単にできることですか?

 

私は洗えるカーテンを買っても頻繁に洗う自信はありません。

 

面倒くさいもん。

 

洗えるカーテンって魅力的ですよね。

でも結局大抵の人が洗わないんです。

 

汚れるから洗えるカーテンなんだということを頭に入れておいて。

 

そして、洗えるカーテンを洗う人は本当に少ないというところもポイント。

 

個人的にはいないと思ってる(笑)

 

それでもいるんです…

「洗えるカーテンが良い!!!」という人。

 

そんな方に朗報です。

 

リネンカーテンも洗えます。

 

カーテンの種類「リネン」

カーテン 種類

 

「洗えるの?!」とビックリした方もいると思います。

 

私も洗えないと思ってた。

 

リネンのマイナスなイメージとして挙げられるのが次の2つです。

  1. 洗うと縮む
  2. シワになりやすい

 

この2つですが、リネンカーテンを使用している方は全く気にもしません。

 

なぜなら!

購入時に3%縮むことを考慮して、長めに縫製するから。

 

長めに縫製したらだらしなくならない?
掃き出し窓は、ドレープをフラット仕様、床の長さより少し長めにすると実はおしゃれなんです♪

 

おしゃれなカーテンにしたいという方も必見!

 

リネンの特徴・水に強く、濡れてもすぐに乾く
・熱に強い
・通気性、透湿性が高い
・防虫性・防カビ性がある
・シワになりやすい
・光を遮らない風合い
・触り心地の良さ
・汚れにくい

 

お気づきの方もいるかと思いますが、1番のポイントがこちら。

 

汚れにくい

 

じゃぶじゃぶ洗ってもOKなリネンのカーテンですが、汚れにくいから洗う必要がないんです。

 

 

カーテンを選ぶときに見るポイント

カーテン 種類

 

カーテンを選ぶポイントとして最も多い2つをご紹介。

  1. 洗えるかどうか
  2. 遮光性

なんだそうです。

 

洗えるかどうか…については、「カーテンの種類」で詳しくお伝えしましたから、省きますね。

 

ここでは遮光性について詳しくみていこうと思います。

 

遮光カーテンとは?

遮光カーテンとは、その名の通り光を遮うカーテンのことです。

 

寝室や西日がきついお部屋に使われることが多い遮光カーテンですが、最近は全室に遮光カーテンを…と考えている人が急増しているみたいなんです。

 

遮光性を気にする理由も様々。

 

遮光カーテンを選ぶ方の最も多い理由をご存知ですか?

 

実は最も多い遮光カーテンを選ぶ理由は、

遮光性はないよりあった方がいいよね?

という曖昧な理由が最も多いそうです。

 

まあ分からんでもないけどね。

 

面白くないですか?

無いよりはあった方が良いという人間の心理ですね。

 

その気持ちももちろん分かりますが、ちょっと眩しいなとカーテンを閉めたとき、遮光カーテンのお部屋は真っ暗になってしまいます。

 

そこで!

遮光カーテンではないカーテンの良さを考えてみませんか?

 

考えたことのない人がほとんどかと。

 

遮光カーテンではないカーテンは、光を遮らないのではなく、お家に光を”いい感じ“に取り入れてくれます。

 

それはお家での生活を楽しむことにも繋がりますよ♪

 

カーテンとしての機能は備わっているんですから、夜に部屋が丸見えになるんじゃないか…なんてそんな心配はありません。

 

遮光にこだわる必要性はそこまでないと私は思います。

 

カーテン「種類」まとめ

カーテン 種類

 

みなさんの中には、家具にこだわりをもっている方もたくさんいると思います。

 

そんな方はきっとカーテンにもこだわりをもっている方がほとんどだと思いますが、中にはそこまで重視していなかったと思う方もいると思います。

 

お部屋の印象はカーテンで決まる

 

 

お部屋の印象を左右するのはカーテンであり、素材もまた家具同様大切です。

 

関連記事

  Welcome to nanoteria   何かを購入するとき、10万円出せるものと出せないものがあると思います。   1万円と10万円の家具はいったい何が違うのか? 10[…]

無垢家具

 

素材を重視すると家具同様、素材が良いものほどお値段も上がります。

 

もちろん金額はものを選ぶ際のポイントとして誰もが考えるポイントですが、

リネンのカーテンは高いだけじゃないということをこの記事で理解して頂ければ嬉しいです。

 

リネンのカーテンは悪いイメージを持たれていますが、そんなことはありません。

 

実際に使ってみたらさらにその魅力にハマるはず…♡

 

きっとリネンのカーテンを使った人にしかわからない感動に出会えるはずです。

 

そしてポリエステルのカーテンは多種多様で様々なデザインのものが販売されていますから、見ていて楽しいですよね♪

 

もちろん性能も良いものが多いですから、あなたのお気に入りを見つけて下さい♪

 

お家での生活を楽しみましょう♪

 

カーテン選びの考え方を見直すきっかけになっていれば嬉しいです。

ありがとうございました♪

 

 

Advertisement