インテリアコーディネーター 独学

インテリアコーディネーター【独学】※絶対にしてはいけない勉強法

 

Welcome to nanoteria

 

インテリアコーディネーター試験を独学で取得したい方は必見!

 

インテリアコーディネーター試験は「独学」でも合格できるのか?

 

そう思っている方にぜひ読んでほしい記事になっています。

 

私はインテリアコーディネーターとして注文住宅で働いていた経験があります。

 

インテリアコーディネーター試験も受けました♪

 

インテリアコーディネーターとして働く前、そして働いていた頃を思い返すと、本当に分からないことだらけで、私自身ネットの情報に救われたことが何度もありました。

 

だからこそ

実際に働いていたからこそ分かるインテリアコーディネーターのことをできる限り赤裸々にお伝えしています。

 

\インテリアコーディネーターに関する記事を日々UP中!/

インテリアコーディネーター記事一覧へ

 

記事一覧は最後にも載せているので最後までぜひ読み進めてね!

 

 

それでは本題へ

 

先にお伝えしておきます。

 

独学でも合格できる?
インテリアコーディネーター試験は「独学」でも合格できます。

 

しかし

勉強法を間違えた私は、1度インテリアコーディネーター試験に落ちました。

 

今回は間違った勉強法から学んだことを事細かにお伝えするので、みなさんは私と同じような失敗をしないようにして下さいね!

 

インテリアコーディネーター【独学】間違った勉強法

インテリアコーディネーター 独学

 

もしもあなたが私と同じやり方をしているなら、今すぐやめましょう。

 

テキストから学ぶ

 

独学で頑張ろうとしている人がまず購入するものは、インテリアコーディネーター試験対策のテキストです。

 

もちろんテキストも必要です!

 

ただ、テキストで1から学んでいくと痛い目にあいます。

 

痛い目とは?

テキストを読み込んだ後に問題集を解いても、テキストで読み込んだ内容は全て抜けてしまうんです。

 

つまり、テキストを読み込んでも問題が解けないんです。

 

1問も解けない…

なんてことになりたくないですよね?

 

テキストは過去問や問題集を解いたときに、分からなかった問題の解説として読むべきものです。

 

私はただひたすらテキストを読み込んで勉強し、失敗してしまいました。

 

 

なぜテキストを読み込んでしまったのか?

 

知識がないので問題を解いても答えられないと思ったから。

 

きっと私と同じように思っている方が多いはず。

 

問題は解けなくても良い

 

ただ過去問を解いたり、過去問に沿った問題集を解きまくっていると自然に頭に入っていくんです。

 

問題が1問も解けなくても問題ありません。

 

最初は分からない問題だらけで苦しいかもしれませんが、テキストを読み込むことだけはやめましょう!

 

そしてテキストを読み込みながらやってしまうのが次です。

 

ノートにまとめる

インテリアコーディネーター 独学

 

ほんっとにね…

今思えば何やってんだ…って話なんですよ。

 

でもやってしまう人多いんです。

 

テキストで大事だなと思った部分をノートにきれいにまとめるやつね。

 

無駄です

 

きれいにまとめたノートは自己満でしかありません。

 

POINTノートは過去問を解くために使う!!!

 

1問に時間をかける

インテリアコーディネーター 独学

 

これはね~~

どういうことかというと…

 

たぶんみんな経験あると思う!

 

分からない問題の解説を読んでいたら、解説の中にも分からない単語があったりませんか?

 

これも…これも分からない!…よし、調べよう!

 

分からない単語がある度に調べることを繰り返し、一つの問題を理解するのにとんでもない時間をかけるやつね。

 

今すぐやめましょう!

最初は分からない単語だらけだけど、そんなのきりがないくらい出てきます。

 

全部処理してたら大変なことになるよ。

 

少々深堀りすることも大切だけど、試験の流れを掴む前に深堀りは必要ありません!

 

まずは問題の出され方と試験の流れに慣れること!

 

どうしても深堀りしたいなら流れを掴んでから!

 

過去問を解いていると分かってくると思いますが、試験では毎年よく似た問題が出題されます。

 

あ~こんな感じで出題されるのね

と問題の出され方を理解することで、覚えるべきことが自然と分かってきますよ。

 

だからこそ

過去問をまずは理解していくことが試験合格への近道です!

 

深堀りして無駄なものを頭に入れる必要はありません。

 

あなたが必死に覚えた単語は試験には出ない可能性大です。

 

私は無駄なものを詰め込みすぎたんだよね…

 

理解できないときは潔く暗記する

 

ここでみなさん疑問に思ったことがあるはず。

 

 

インテリアコーディネーター試験の勉強内容を
しっかり理解していない状態でいざ戦場で戦えるの?

 

これに関しては次で詳しく説明します。

 

インテリアコーディネーター【独学】頭に入れておくべきこと

インテリアコーディネーター 独学

 

仕事内容≠試験内容

 

インテリアコーディネーターの仕事内容と、インテリアコーディネーターの試験内容は全くの別物です。

 

多少はね、重なる部分もあるけどね!

 

もちろん実際に仕事をしていて

あ!この単語あれだな!

と思ったりすることもありますよ。

 

でもそんなの微々たるものです。

 

現役で働いている人がなぜ塾に通うのか?

インテリアコーディネーター 独学

 

ここに答えがあります。

バリバリ現役で働いている方が、インテリアコーディネーター試験の為に塾に通うのはなぜでしょう?

 

仕事内容と試験内容が全く違うからです。

 

1次試験の問題は実際に働いている人も知らないようなことばかりが出題されます。

 

 

「インテリアの歴史」を仕事で活用できますか?

 

毎年必ず出題されている問題の中に「インテリアの歴史」という分野があります。

 

活用以前の問題だよね。

 

西洋インテリアの歴史」という分野もあります。

 

日本だけでも手一杯なのに西洋の歴史まで…。

 

インテリアコーディネーター試験では、「歴史」のような仕事内容とは無縁の問題が多く出題されるんです。

 

インテリアコーディネーターの試験は
プロも素人もスタートは同じ

 

これで仕事内容と試験内容は全く違うことを理解して頂けたと思います。

 

未経験だからって焦る必要はないんです♪

 

過去問をひたすら解くことが鍵!

インテリアコーディネーター 独学

 

分からなくても過去問を解き続ける

 

何っっ回も言います。

 

過去問を解かずにテキストを読み込んでしまった私は、過去問を解いたとき、何一つ答えられませんでした。

 

テキストを読み込んでも、読み込んだ内容はすぐに忘れてしまうのが人間です。

 

問題を繰り返し解くことで覚えていくんです。

 

とにかく

過去問をひたすら解くことが鍵だということを理解しておいてください。

 

過去問を「まだ購入していない」という人は、次を参考にして♪

 

インテリアコーディネーター「独学」実際に購入した過去問題集

インテリアコーディネーター 独学

 

この過去問は本当におすすめ!

 

すぐに売り切れになるから、インテリアコーディネーター試験を受けると決めたらすぐに買うことをおすすめします♪

 

ネットでも買えます♪

 

2016年度版までは過去5年分の過去問が収録されていたみたいだけど、2017年度版からは過去4年分の収録みたい。

 

過去問は最低でも5年分は繰り返し解く必要があると思う(個人的には)ので、年度版に注意して購入してね!

 

中古で2冊買うのもおすすめ!

 

詳しくはコチラの記事へ♪

関連記事

  Welcome to nanoteria   インテリアコーディネーター試験を受けようとしている方は必見!   必ず勉強する上で役に立つ過去問をご紹介します。   […]

インテリアコーディネーター 過去問

 

インテリアコーディネーター【独学】まとめ

インテリアコーディネーター 独学

 

「独学」は勉強法が大切

 

独学は上手に勉強できる方に向いています。

 

私は典型的な独学には向いていないタイプでした。

 

自分で気づけることも大切だよ!

 

独学が少しでも不安な方に読んでほしい記事がコチラ♪

まだ読んでいない方はぜひ!

関連記事

  Welcome to nanoteria   インテリアコーディネーター試験を受けようとしている方は必見!     インテリアコーディネーター試験を突破するおすすめ[…]

インテリアコーディネーター 勉強法

 

 

他にもインテリアコーディネーターに関する記事をたくさんUPしていますので、ぜひご覧ください♪

 

インテリアコーディネーター記事一覧へ

 

最後までご覧くださりありがとうございました♪