インテリアデザイナー インテリアコーディネーター 違い

【簡単理解★】インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違い

 

Welcome to nanoteria

 

インテリア関係の仕事がしたい!

と思ったとき、インテリア関係の職種が結構あることに驚いたことを昨日のことのように思い出します。

 

私はインテリアコーディネーターとして注文住宅で働いていた経験があります。

 

インテリアコーディネーター試験も受けました♪

 

インテリアコーディネーターとして働く前、そして働いていた頃を思い返すと、本当に分からないことだらけで、私自身ネットの情報に救われたことが何度もありました。

 

だからこそ

実際に働いていたからこそ分かるインテリアコーディネーターのことをできる限り赤裸々にお伝えしています。

 

\インテリアコーディネーターに関する記事を日々UP中!/

インテリアコーディネーター記事一覧へ

 

記事一覧は最後にも載せているので最後までぜひ読み進めてね!

 

 

それでは本題へ

 

 

インテリア関係の職種はどう違うの?と疑問に思った方、回りくどい言い方はしません。

 

簡単に理解できるようまとめました♪

 

この記事で詳しくわかる職種

・インテリアデザイナー
・インテリアコーディネーター

 

まずはみんながよく困惑するインテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いから♪

 

それではさっそく解説していきます!

 

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違い

インテリアデザイナー インテリアコーディネーター 違い

 

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いはほんとに簡単!

 

  • インテリアデザイナーは空間をつくる人
  • インテリアコーディネーターは空間のアドバイスをする人

 

 

もっと砕いて説明します。

 

  • インテリアデザイナーは空間の骨組み(設計)から携わる人
  • インテリアコーディネーターは空間のどこに家具を置くか、どんな照明にするかなどを考える人

 

 

私もそうだったんですが…

インテリアコーディネーターが空間をつくる人だと思っている人が多いんです。

 

 

空間をつくるとは?

ここでいう空間をつくるということは、空間の骨組みからつくることを言います。

 

 

空間をコーディネート≠空間をつくる

 

 

もっと深堀して知りたいという方の為に…

それぞれ詳しく説明していきますね。

 

ここまでで満足したよという方は他の記事もぜひご覧ください♪

 

インテリアコーディネーターの
\  仕事・資格・勉強法など  /

インテリアコーディネーター記事一覧

 

 

インテリアデザイナーの仕事内容

インテリアデザイナー インテリアコーディネーター 違い

 

インテリアデザイナーは、空間をつくる人

 

商業施設を手掛けるとして説明していくね。

 

空間が箱の状態であります。

 

その箱の中を商業施設としての空間にそれぞれ区切っていくのですが…

 

商業施設はショップや通路、レストランなどがあるよね。

 

その空間を区切る=設計からインテリアデザイナーは携わるということになります。

 

設計が完成したら、その空間を作りたい人(お客様)の要望を聞きます。

  • どんな雰囲気にしたいのか
  • 明るさはどのくらい必要か

など!

 

そしてその雰囲気や明るさ、お客様の要望通りになるよう空間をプロデュースします。

 

その空間に使用するインテリアエレメント(家具や照明など)を、ひとつひとつデザインするのもインテリアデザイナーの仕事です。

 

新しいモノを生み出すってすごい!

 

そして商業施設となると、内部だけでなく、外部(庭などの野外空間)も手掛けることになるので、インテリアデザイナーは非常に幅広い分野で活躍することになります。

 

インテリアに関する知識だけではなく、お客様の要望すべてにこたえられるような幅広い知識や能力が必要となってきます。

 

インテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアデザイナー インテリアコーディネーター 違い

 

インテリアコーディネーターは
空間のアドバイスをする人

 

インテリアコーディネーターはお客様の要望を聞きながら、すでに設計された空間にどんな家具や照明を使用するのか提案していきます。

 

主に住宅やオフィス、レストラン、ホテルなどを手掛けます!

 

私は注文住宅でインテリアコーディネーターとして働いていたので、お客様の好きな雰囲気などに合わせて、インテリアを考えていました。

 

例えば…

キッチンなら、どのメーカーのどんなシステムキッチンを入れるか…とかね。

 

ほんとに楽しかったよ♪

 

インテリアデザイナーは新しいモノを生み出すのに対して、インテリアコーディネーターは既存の商品を使用します。

 

私のように注文住宅で働くインテリアコーディネーターもいれば、オフィスインテリアに強い会社、メーカーのショールームなどで活躍するインテリアコーディネーターもいますよね。

 

それぞれ専門分野は違いますが、与えられた空間をコーディネートするという点では同じです。

 

究極の考え方

インテリアデザイナー インテリアコーディネーター 違い

 

 

最後に、極端なことを言ってしまいますが

 

そこまで違いはない

 

ということを頭に置いておいてください。

 

ここまで説明しといてアレだけど…

 

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの一般的に言われている仕事内容としては上記で説明した通りですが、現在では、インテリアコーディネーターとして働く方が、設計から携わったりすることもあります。

 

まさに私の上司がそうだったんですよね…

 

何でもできちゃう感じ。

 

まさにその人によると言ってしまっても過言ではない気がします。

 

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違い「まとめ」

インテリアデザイナー インテリアコーディネーター 違い

 

 

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いは少し難しいかもしれませんが、ぼんやりとでも理解してくれた方がいると嬉しいです。

 

私も最初はちんぷんかんぷんだったからね。

 

他にもインテリアコーディネーターに関する記事をたくさんUPしていますので、ぜひご覧ください♪

 

インテリアコーディネーター記事一覧へ

 

 

インテリアコーディネーター試験の勉強法が知りたい方にぜひ読んでほしい記事がコチラ♪

まだ読んでいない方はぜひ!

関連記事

  Welcome to nanoteria   インテリアコーディネーター試験を受けようとしている方は必見!     インテリアコーディネーター試験を突破するおすすめ[…]

インテリアコーディネーター 勉強法

 

最後までご覧くださりありがとうございました♪