時間
ユーキャン5,000円割引キャンペーン中!

※暴露!インテリアコーディネーターの私の年収【入社1~3年目】

インテリアコーディネーター 年収

インテリアコーディネーターは給料が低いという情報を耳にして、不安になっているあなたに言いたいことがあります。

当たり前だけど、就職した会社によるのよ。

例えば、ガチガチのデザイン事務所でインテリアコーディネーターの下積み時代を過ごすとなると、お給料はかなり少ないかもしれません。

しかし、ハウスメーカーや注文住宅で働くとなると、それなりに貰えるはず。

なぜなら、私が貰えていたから!

私は未経験でインテリアコーディネーターの補助業務からスタートしました。

インテリアコーディネーターとして働きたいという同じ夢を持っている方の為にも、インテリアコーディネーターとして働いていたときの私の年収を参考にしてもらえると嬉しいです。

インテリアコーディネーターの平均年収は参考にならない!

平均年収の範囲は?

インテリアコーディネーターの平均年収は20代~50代までを出していることがほとんど。

ぶっちゃけ範囲が広すぎないかい?

40~50代のインテリアコーディネーターなんてかなりのベテランですよ。

そんなベテランとペーペーの未経験を一括りにしてしまってはダメだと思うんです。

入社直後の給料を教えてくれ

当時の私はこう思っていました。

インテリアコーディネーターの私の年収【入社1~3年目】

ということで、さっそくお伝えしていきます。

入社1年目

入社1年目の私の年収
約370万円

私は新卒半年でインテリアコーディネーターに転職しましたから、新卒でこれだけの年収をもらっていたことになります。

結構貰ってたと思うんだけど、価値観が違ってたらごめんなさい。

内訳
  • 約230,000円/月
  • ボーナス(4ヶ月分)
  • 交通費全額支給
  • 家賃補助あり

新卒だと200,000円が妥当だと思うから、30,000円でもプラスだと嬉しいものなんです。

≫※理想と現実は違う!インテリアコーディネーターのリアルな仕事内容に詳しくかきましたが、インテリアコーディネーターの仕事は想像以上に過酷。

残業代を考えるとぶっちゃけ足りない。

という本音はあるものの、未経験でインテリアコーディネーターとして働けて、このお給料は嬉しかったのも本当です。

入社2年目

入社2年目の私の年収
約400万円

なぜお給料が2万円上がったのかというと、私の仕事量が増えたから(笑)

内訳
  • 約250,000円/月
  • ボーナス(4ヶ月分)
  • 交通費全額支給
  • 家賃補助あり

もちろんストレス具合も2万円分UPしましたが、お給料が上がるのは嬉しいですよね。

仕事量が多いのにお給料に反映されないのは転職を考えてしまう理由の1つだと思います。

どれだけ好きな仕事でもお金がないと生きていけませんから、就職前にお給料面は要チェックです。

入社3年目

入社3年目の私の年収
約400万円

3年目は増えませんでした。

内訳
  • 約250,000円/月
  • ボーナス(4ヶ月分)
  • 交通費全額支給
  • 家賃補助あり

ただ、3年目は1~2年目より余裕が出て働きやすくなったこともあり、それなりに満足していました。

お給料が上がるタイミングは企業によって様々。

勤続年数でお給料が上がるシステムを導入している企業もあれば、完全出来高制(歩合制)の企業もあると思います。

何にせよ、いつまでたってもお給料が上がらないと悩んだときは、コソっと先輩に聞いてみるといいかも!

私は上司に「お金の心配はいらないよ」と言われました(笑)

上司がお給料に関して不満を持っていたら、自分の将来を心配しなくてはならないので良かったです。

インテリアコーディネーターの年収について伝えたいこと

一般的には、インテリアコーディネーターの年収は安いと言われていますが、実際に働く会社によって違うということを忘れないでください。

インテリアコーディネーターは大変だけど、本当にやりがいのあるお仕事です。

お給料や福利厚生は人それぞれ価値観が違いますから、インテリアコーディネーターの年収が低いという情報だけを鵜呑みにして、自分の目で確かめることを疎かにしないでくださいね。

最後までご覧くださりありがとうございました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です