時間
【Amazon】ブラックフライデー開催中!

【ユーキャンの口コミ】インテリアコーディネーター試験の教材が神レベルすぎるww

インテリアコーディネーター ユーキャン 口コミ
この記事で分かる
インテリアコーディネーターのコト

私がインテリアコーディネーター試験対策として利用したユーキャンについて。

私は建築関係の学校を出た訳でもない、インテリアコーディネーターの知識もゼロ。ただただインテリアが好き。そんな未経験の私に必要だと思ったのがインテリア―コーディネーターの資格でした。

  • 未経験でも合格できるのか
  • 仕事(学校)と両立できるのか

当時、ユーキャンを利用する前に私が思っていたことです。同じ不安を持っている方にも参考にしていただけると思います。インテリアコーディネーター試験にユーキャンを利用してみたいと思っている方は必見!

≫「ユーキャン」インテリアコーディネーター講座を見る

実際に届いたユーキャンの神レベルな教材

インテリアコーディネーター ユーキャン 口コミ
▲1次試験対策の教材
1次試験のテキスト一覧

・メインテキスト2冊
・写真資料集『インテリアエレメント』
・基礎力強化問題集
・解答力養成問題集2冊
・資格試験問題集
・攻略ワークブック
・まるごと覚える!1次試験の重要ポイント集
・ガイドブック
・その他添削関係書類 ほか

2次試験のテキスト一覧

・メインテキスト1冊
・資格試験問題集
・攻略ワークブック
・合格するインテリア図面と論文のかき方(DVD)
・その他添削関係書類 ほか

※教材内容は変更する場合があります。

実際に利用したからこそ分かる視点で、ユーキャンの教材のなにが神レベルなのかお伝えしていきます。勝手にランキングを付けたのですが、注目すべきはベスト3です。

インテリアコーディネーター ユーキャン 口コミ
▲私が選んだベスト3の教材

断トツ1位「解答力養成問題集」

インテリアコーディネーター ユーキャン 口コミ

この問題集は、普通の問題集ではありません。過去問が分野別にまとめられた問題集なんです。これがなぜいいのかというと、インテリアコーディネーター試験の勉強で1番大切なことと関係があるからです。

インテリアコーディネーター試験の勉強で1番大切なことは…

とにかく過去問を解きまくること

過去問を解きまくる勉強法は

  • 独学
  • 通信講座
  • 学校

すべてにおいて共通で大切だと言われることです。インテリアコーディネーター試験に限らず、すべての試験において大切なことだとみなさんの人生経験からも言えるのではないでしょうか?

このユーキャンの問題集は、その過去問を解く際に大活躍するんです。しかも、賢く効率よく過去問を解くことができます

ポイント
  • インテリアコーディネーター試験の過去問を分野ごとにランダムで集約
  • 解答が答えだけでなく、1問1問に丁寧な解説付き

分野別に集約されている良さ

過去問の解き始めは全く問題が解けません。そうなると、躓いた問題1問1問の内容をテキストから探す必要があります。 

この作業が地味にストレスになります。

過去問に慣れてくるまでは、躓いた問題がどの分野の問題なのかもわからない状況です。

分野別に過去問をまとめてくれていることにより、自分が躓きやすい分野を集中的にテキストで学べることはもちろん、いちいち探す手間も省けます。

解答がとにかく丁寧

▼例えばこの過去問

インテリアコーディネーター 通信講座

実際に過去に出題されたカーテンスタイルに関する試験問題です。

▼一般的な問題集

インテリアコーディネーター 通信講座

ほとんどの問題集が上記のように答えのみ記載されていますよね。解説が載っていたとしても1文で完結に…というパターンがほとんど。

▼ユーキャンの問題集

インテリアコーディネーター ユーキャン 口コミ

※問題集の内容は変更している場合があります。

ユーキャンの解答はこんなに充実しているんです。 違いが一目瞭然。問題を解いていると、分からない用語に出くわすことが多々あると思います。そんなとき、いちいち教科書や辞書で調べなくても、解答を見ればほとんど記載されています。

\ そしてさらに! /

他選択肢の解答も充実

インテリアコーディネーター試験はマークシート方式なので、選択肢にとにかく惑わされます。 私も何度も引っかかりました。自分が選ばなかった選択肢もしっかりと理解しておかなければ、試験本番で躓く可能性があります

一般的な問題集には、正しい選択の解説しか載っていません。しかしユーキャンの問題集には、正しくない選択の解説も載っているので、その分野の内容をいっきに頭に入れることができます。

ユーキャンの問題集だけで解決できるのが良い!
  • 用語の意味
  • なぜ間違えたのか
  • なぜこの答えが違うのか
  • 自分が引っかかってしまったポイント

これが、賢く過去問を解くことができる仕組みです。ぶっちゃけこの問題集だけに通信講座料全額払ってもいいくらい価値があると思います。

ただ、すべての過去問が集約されている訳ではないので、4年分載っている過去問は別で購入することをおすすめします。

≫「ユーキャン」インテリアコーディネーター講座を詳しく見る

2位:分野別にまとめられたテキスト

インテリアコーディネーター ユーキャン 口コミ

個人的1位で熱弁した問題集の解説を見ても理解できないときに利用してもらいたいのが、上記のテキスト。ユーキャンのテキストは分野ごとにわけて載せてくれているから、とにかくわかりやすいです。

  • インテリアコーディネーターの誕生とその背景に関すること
  • インテリアコーディネーターの仕事に関すること
  • インテリアの歴史に関すること
  • インテリアコーディネーションの計画に関すること
  • インテリアエレメント・関連エレメントに関すること
  • インテリアの構造・構法と仕上げに関すること
  • 環境と設備に関すること
  • インテリアコーディネーションの表現に関すること
  • インテリア関連の法規、規格、制度に関すること

大きく分けてもこれだけの分野があります。 

特に私が苦手だった分野はインテリアの歴史に関すること。こんな風に、過去問を何度も解いていると、自分の苦手な分野が分かってきます。自分の苦手な分野を中心に問題集を解くことが1番ですが、自分の苦手な分野だけはテキストで学ぶのもおすすめ!

全ての分野をテキストで1から学ぶのは間違いです。1から勉強を始める人こそ、過去問から取り組む必要があります。

≫「ユーキャン」インテリアコーディネーター講座を詳しく見る

3位:重要ポイント集

インテリアコーディネーター ユーキャン 口コミ

電車に乗ってるときや待ち時間など「まるごと覚える!1次試験の重要ポイント集」はちょっとした空き時間に活躍します。

私はこのポイント集やテキストに、時間短縮の為にこんな工夫を!

インテリアコーディネーター ユーキャン 口コミ

勉強したい分野をいちいち目次から探すのが面倒くさい人におすすめ。

実際の試験を再現できる問題集

インテリアコーディネーター ユーキャン 口コミ

ユーキャンに申込むと、前年度の試験問題(過去問)が入っています。 注目してもらいたいのは、書店で売られている過去問とユーキャンの過去問の違い。

ポイント

ユーキャンの過去問は本番を意識して問題を解くことができる

  • 実際の試験で使用されるサイズの問題
  • マークシート式で答えられる回答用紙

つまり、模擬試験のような体験ができます。解答用紙も塗りつぶしタイプだから、本番での時間配分も把握することができます。

添削課題集

インテリアコーディネーター ユーキャン 口コミ

本当に自分が理解していないことが分かるのも添削課題ならでは。担当の方からの添削は財産になります。詳しい解説付きで返ってきますが、それでも分からない場合はテキストで復習すればしっかり頭に入ります。

他の通信講座にも添削課題は当たり前についています。しかしユーキャンは、通信講座の実績が他とは圧倒的に差があります。通信講座での実績があるからこそ、添削課題のアドバイスがずば抜けて良いと感じました。

塾と通信講座は違う

塾やスクールが「通信講座も始めました」というパターンを最近よく見かけますが、個人的に塾(スクール)と通信講座は全くの別物だと思います。見えない相手のサポートをずっとしてきたユーキャンだからこそのサポートを体験してみて下さい。

気分転換になる資料

インテリアコーディネーター ユーキャン 口コミ

ユーキャンに申込むと、教材のほかにもインテリアに関する資料がたくさん届きます。インテリアコーディネーターの仕事を知ってモチベーションを上げたり、知らなかった知識を取り入れることができます。

インテリアコーディネーター ユーキャン 口コミ

定期的に気分転換になる資料もお家に届きます。

  • 今年注目の商品情報
  • インテリア関連の最新情報
  • チェックしておきたい用語

これがなかなか面白いんです。インテリアに関することや試験に関する情報なので、勉強の為になるようなことを息抜きしながら知ることができます。

こんな人におすすめ

インテリアコーディネーター ユーキャン 口コミ

ユーキャンのインテリアコーディネーター資格試験講座は、独学をしようとしている人にほどおすすめです。なぜなら、私が独学で1度失敗してしまったからです。独学は相当勉強に自身のある人じゃないと成功しません。

プロでも難しい試験です。

インテリアコーディネーターとして現役で働いている私の上司も、1度試験に落ちました。インテリアコーディネーター試験はそのくらい難しいです。

裏を返せば、 1次試験は仕事に関係のない内容が多いです。

勉強法がなにより大切。

未経験者よ、独学はやめておけ!

未経験の私でも合格できるのかな?という不安な気持ちは、独学では加速していきます。なぜなら私がそうだったので、同じ失敗をしてほしくはありません。

おすすめな人まとめ
  • 勉強に自信がない
  • 未経験
  • 決まった時間に勉強できない
  • 退社時間(帰り)が遅い
  • 休みが不定期

1つでも当てはまった方はユーキャンのインテリアコーディネーター資格試験講座をおすすめします。

≫【ユーキャン】無料資料請求ページへ 

≫「ユーキャン」インテリアコーディネーター講座を見る

メリット&デメリット

ユーキャンのインテリアコーディネーター資格試験講座のメリットとデメリットをまとめておきます。

メリット
  • 問題集が過去問から作られているから無駄がない
  • スマホやパソコンで講義動画を見ることができる
  • 二次試験は解説動画で分かり易く学べ、添削もしてもらえる
  • 分割払いができる(利子少額)
  • 24時間質問を受付けてくれる
  • 申し込みから二次試験までが、標準学習期間(8カ月)未満の場合、その次の二次試験までサポートしてもらえる
デメリット

1次・2次試験のみの申し込みができない

とりあえず1次試験のみの教材を購入したい×

1次試験は独学で合格を目指し、2次試験のみ通信講座を利用×

≫「ユーキャン」インテリアコーディネーター講座を見る

料金 <給付制度について>

インテリアコーディネーター 通信講座 おすすめ

利用する上で気になるのが料金だと思います。 そこもしっかりとお伝えしておきます。

▼一覧でご覧ください。

講座料金
1次2次総合対策59,000円(税込)
1次対策のみなし
2次対策のみなし
※金額は変動する可能性があります。
分割払い

3,980円 × 15回(15ヵ月)

総計:59,700円(税・送料込み)

 分割払いを利用しても総額差は700円

学生の方や少し予算オーバーだという方は「分割払い」を利用すると◎です。分割払いを利用しても700円多く払うだけなので、かなり優しい金額かなと。

給付制度について

一般教育訓練給付制度を利用すると、最大で20%支給。給付制度の条件を満たしているかどうかは、サイト内でチェックできます。

≫【ユーキャン】給付制度の条件を満たしているか確認する

さいごに

インテリアコーディネーター 通信講座 おすすめ

この記事が少しでも参考にしてもらうことができていたら嬉しいです。 私はユーキャンのインテリアコーディネーター資格試験講座を利用して本当に良かったと思っています。

≫ユーキャンの通信講座を詳しく見る

とりあえず資料請求でもしてみようかな?と思った方はこちら♪

≫ユーキャンの無料資料請求ページへ

他にもインテリアコーディネーターに関する記事をたくさんUPしていますので、ぜひご覧ください♪

インテリアコーディネーター記事一覧へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です