時間
【Amazon】ブラックフライデー開催中!

インテリアコーディネーター【独学】※絶対にしてはいけない勉強法

インテリアコーディネーター 独学

突然ですが、私は独学でインテリアコーディネーター試験に挑戦し、勉強法を間違え、見事不合格となった経験があります。試験には落ちてしまいましたが、学んだことは本当に大きかったのでここで共有したいと思い、記事をかいています。

まずお伝えしておきたいことは、独学は相当自分の勉強法に自身のある方にしかおすすめしません。

それでも「独学でインテリアコーディネーター試験に挑戦したいんだ!」という方は、私と同じ失敗をしてほしくないので最後まで見て頂ければと思います。

インテリアコーディネーター【独学】絶対にしてはいけない勉強法

もしもあなたが私と同じやり方をしているなら、今すぐやめましょう。

テキストから学ぶ

独学にまず必要なのは、インテリアコーディネーター試験対策のテキストだと思う人がほとんどだと思います。 もちろんテキストも必要です。ただ、最初にテキストを読み込んでしまうと痛い目にあいます。

なぜなら…

テキストを読み込んでも、問題を解いたときに覚えたはずの内容はすべて抜けてしまっている=何も答えられないからです。さらに実際の試験はテキストとは全く違う流れであり、テキストで必死に覚えたポイントとは違う角度から問題が出題されます。

現に私は1問も答えることができませんでした。

そのときの絶望感と言ったら…

テキストは過去問や問題集を解いたときに、分からなかった問題の解説として読むべきものです。私はただひたすらテキストを読み込んで勉強し、失敗してしまいました。

未経験者こそやってしまいがちなこの勉強法は、知識がないから過去問を解いても答えられないだろうという考えから始まります。

過去問は1問も解ける必要なし

むしろ解けなくて当たり前です。

ただ過去問を解き続けることで自然に頭に入っていきます。最初は分からない問題だらけで苦しいかもしれませんが、慣れるまでとにかく解き続ける。私と同じ絶望感をあなたに味わってもらいたくないので、テキストを読み込むことだけはやめましょう。

\絶対必須の過去問はコレ/

上記過去問の重要さについては≫【過去問だけで合格?!】インテリアコーディネーター試験に必須の過去問!にまとめています。

そしてテキストを読み込みながらやってしまったことが次になります。

ノートにまとめる

今思えば何やってんだ…って話なんですよ。 

でもやってしまう人、多いんです。

テキストで大事だなと思った部分をノートにきれいにまとめてしまう行動。

無駄です。

きれいにまとめたノートは自己満でしかありません。ノートは過去問を解くためだけに使ってください。

1問に時間をかける

「1問に時間をかけることの何が悪いの?」と思った人も多いと思いますが、ここでいう時間をかけるというのは1問を深堀しすぎないようにしようということ。

こんな経験ない?

間違えた問題の解説を読んでいたら、解説の中にいくつも分からない単語が出てきた経験

大抵の人がここでやってしまうのが、分からない単語をすべて調べて覚えた気になる勉強法。

分からない単語が出てくる度に調べることを繰り返し、問題が一向に進まないのは絶対にやってはいけない勉強法です。

最初は分からない単語だらけです。すべて調べようとしないで下さい。インテリアコーディネーター試験には見慣れない単語がきりがないくらい出てきます。

いちいち調べていたら、過去問が進んでいきません。

少々深堀りすることも大切だけど、試験の流れを掴む前に深堀りは必要ありません

▼どうしても単語を調べるならこれがおすすめ

まずは問題の出され方と試験の流れに慣れること! どうしても深堀りしたいなら流れを掴んでから!

過去問を解いていると分かってくると思いますが、試験では毎年よく似た問題が出題されます。「あ~こんな感じで出題されるのね」と問題の出され方を理解することで、覚えるべきことが自然と分かってきますよ。

深堀りして無駄なものを頭に入れる必要はありません。

過去問をまずは理解していくことが試験合格への近道です。あなたが必死に覚えた単語は試験には出ない可能性大です。 私は無駄なものを詰め込みすぎました。理解できないときは潔く暗記するのもありです。

\とにかく大事な過去問をもう一度/

頭に入れておくべきこと

仕事内容≠試験内容

インテリアコーディネーターの仕事内容と、インテリアコーディネーターの試験内容は全くの別物です。 実際に仕事をしていて「あ!この単語あれだな!」と思ったりすることはあります。しかしそんなの微々たるものです。

現役で働いている人がなぜ塾に通うのか?

Q

現役で働いているインテリアコーディネーターが、試験の為に塾に通うのはなぜでしょ?

A

仕事内容と試験内容が全く違うからです。1次試験の問題は実際に働いている人も知らないようなことばかりが出題されます。

例えば毎年必ず出題されている問題の中に「インテリアの歴史」という分野があります。「西洋インテリアの歴史」という分野も。

歴史が仕事をする上で必須かどうかは想像して頂けると思います。

インテリアコーディネーター試験はプロも素人もスタートはほぼ同じようなものなんです。

 未経験だからって焦る必要はありません。

過去問をひたすら解くことが鍵!

何度も言いますが、大切なことなのでもう一度言います。

過去問を繰り返し解き続ける

インテリアコーディネーター試験の合格は、過去問をひたすら解けるかどうかが鍵だということを理解しておいてください。

過去問を解かずにテキストを読み込んでしまった私は、過去問を解いたとき、何一つ答えられませんでした。

過去問を繰り返し解くことで問題に慣れていくことが大切。

独学が向いていない人は?

冒頭でもお伝えしましたが、独学が向いている人は自分の勉強に相当自信のある人。

つまり、自分の勉強法に少しでも不安がある人には向いていません。

私は典型的な独学には向いていないタイプでした。

学校のテストや受験などを思い返して、これを機に自己分析してみて下さい。

最後までご覧くださりありがとうございました。

関連記事